So-net無料ブログ作成
検索選択

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/23 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、前月、+1σや保合いレンジ上限を上抜けしたことで、+2σに向かって上昇継続中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大の兆しを見せています。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。


<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、直近高値を更新して+2σまで上昇した後、利食い売りなどで元の保合いレンジ内まで押し戻されて、上影陽線で引けています。今のところ高値圏での保合いとなっているので、バンドウォーク発生となるかどうかはお預けの形。中長期的には+1σを割り込まない限り、巡航上昇トレンドが継続です


<ナスダック月足>



NQM.png



 月足では、+2σまで上昇した後、押し戻されて上影陰線となっています。依然、5ヶ月MAの上で推移しており、バンドウォークでの走る上昇トレンド継続中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
<ナスダック週足>

NQW.png
 週足では、先週、+1σ付近まで下落したあと、今週は5週MAを上抜ける小陽線で引けています。直近4日間のレンジに孕んでおり、高値圏での保合いです。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

DWM.png

 

 月足では、直近3か月間のレンジ内を上抜けて推移しています。短期的には、下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
DWW.png
 週足では、+2σをわずかに上抜けた後、戻り売りなどで押し戻されて小陰線で引けています。今後、+2σを明確にブレイクできれば、強い上昇トレンドが発生しそうな形。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/16 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、前月+1σや保合いレンジ上限を上抜けしたことで、+2σに向かって上昇継続中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大の兆しを見せています。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。


<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、+1σまで押し目を付けた後、押し目買いで前日終値付近まで再浮上して、長い下ヒゲの下影陽線で引けています。今のところ高値圏での保合いとなっているので、バンドウォーク発生となるかどうかはお預けの形。中長期的には+1σを割り込まない限り、巡航上昇トレンドが継続です


<ナスダック月足>



NQM.png



 月足では、+2σまで上昇した後、押し戻されて上影陰線となっています。依然、5ヶ月MAの上で推移しており、バンドウォークでの走る上昇トレンド継続中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
<ナスダック週足>

NQW.png
 週足では、+1σ付近まで下落して同時線で引けています。日柄的な重要な節目に到達して押し目を付けた形。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

DWM.png

 

 月足では、直近3か月間のレンジ内を上抜けて推移しています。短期的には、下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
DWW.png
 週足では、5週MAや+1σをサポートに買われて、高安値を切り上げる陽線引けています。今後、+2σを終値でブレイクすると、相場の放れから強い上昇トレンドが発生しそうな形。逆に、20週MAを下抜けるようなら本格調整局面入りとなりそうです。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/9 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、前月+1σや保合いレンジ上限を上抜けしたことで、+2σに向かって上昇継続中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大の兆しを見せています。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。


<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、先週、ブレイクした+2σを再び下抜けて引けています。2週連続で+2σの上を維持できなかったので、バンドウォーク発生となるかどうかはお預けの形。中長期的には+1σを割り込まない限り、巡航上昇トレンドが継続です


<ナスダック月足>



NQM.png



 月足では、+2σまで上昇した後、押し戻されて同時線となっています。依然、5ヶ月MAの上で推移しており、バンドウォークでの走る上昇トレンド継続中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
<ナスダック週足>

NQW.png
 週足では、高値を更新した後、利食い売りなどが優勢となり、+2σを下抜けて引けています。日柄的な重要な節目に到達して押し目を付けた形。短期的には、5週MAの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

DWM.png

 

 月足では、直近3か月間のレンジ内を上抜けて推移しています。短期的には、下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
DWW.png
 週足では、5週MAや+1σをサポートに買われて、14週前に付けた直近高値を更新し、保合いレンジを上抜けて引けています。今後、+2σを終値でブレイクすると、相場の放れから強い上昇トレンドが発生しそうな形。逆に、20週MAを下抜けるようなら本格調整局面入りとなりそうです。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/2 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 5月の月足では、ここ5ヶ月間の抵抗線である+1σや保合いレンジ上限を上抜け引けました。6月に入っても上昇継続で、ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大の兆しを見せています。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、+1σ付近から押し目買いで上昇して、+2σをブレイクして引けています。2週連続で+2σの上を維持できれば、バンドウォーク型の走る上昇トレンド発生の可能性が高まります。中長期的には+1σを割り込まない限り、巡航上昇トレンドが継続です


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 5月の月足では、高安値を切り上げる陽線で引けています。6月に入っても上昇が継続し、バンドウォークでの走る上昇トレンド継続中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高値を更新して+2σもブレイクして引けています。買いの勢いがさらに加速して、バンドウォークでの走る上昇トレンドに発展中です。日柄的には重要な節目に到達しており、上値が重たくなると押し目を付けやすい局面。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

 DWM.png

 

 5月の月足では、直近2か月間のレンジ内で保合いとなり、同時線で引けました。短期的には、下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、5週MAや+1σをサポートに買われて、直近高値を更新して引けています。今後、直近13週間の保合いレンジを明確に上抜けると相場の放れとなり、強い上昇トレンドが発生しそうな形。逆に、20週MAを下抜けるようなら本格調整局面入りとなりそうです。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/5/26 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、ここ5ヶ月間の抵抗線である+1σや保合いレンジ上限を上抜けて上昇中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、上値が重くなると押し目を付けやすい局面です。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、+1σ付近から押し目買いで再浮上するも、長めの上ヒゲが出ており、高値圏では戻り売りが優勢となっています。今後、調整一巡から+2σをブレイクするとバンドウォーク型の走る上昇トレンド発生の可能性が高まります。逆に、明確に+1σを割り込むようなら、ボックス相場が継続の形。+2σがブルベアの分岐点です。


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 月足では、上昇する5ヶ月MAをサポートに巡航上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高値を更新して+2σ付近まで上昇して引けています。調整は先週だけで終了し、再び新規買いが入っている形。短期的には5週MAを下回らない限り、上昇トレンド継続です。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

 DWM.png

 

 月足では、一旦5ヶ月MAまで調整した後、押し目買いなどで再浮上して下髭が出ています。短期的には、下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、一旦割り込んだ+1σを回復して引けています。今後、直近13週間の保合いレンジを上抜けると相場の放れとなり、強い上昇トレンドが発生しそうな形。逆に、20週MAを下抜けるようなら本格調整局面入りとなりそうです。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/5/19 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、ここ5ヶ月間の抵抗線である+1σや保合いレンジ上限を上抜けて上昇中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、上値が重くなると押し目を付けやすい局面です。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、+2σをいったん上抜けた後、+1σまで押し戻されて引けています。保合いレンジ上抜けがフェイクになりそうな形。今後、+2σをブレイクするとバンドウォーク型の走る上昇トレンド発生の可能性が高まります。逆に、明確に+1σを割り込むようなら、ボックス相場が継続の形。+2σがブルベアの分岐点です。


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 月足では、上昇する+2σに追随してバンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高値を更新した後売られて+1σ付近まで押し目を付け、ここから押し目買いで再浮上して、下影陰線で引けています。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

 DWM.png

 

 月足ではここ2ヶ月のレンジの高値圏で小動きとなっています。下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、短期巡航上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+1σを割り込んで引けています。また、直近10週間程度の保合いレンジに孕んでおり、ボックス相場が継続中。今後、20週MAを下抜けるようなら本格調整局面入りとなりそうです。トレンド発生は現在の保合いレンジからのブレイク待ち。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/5/12 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、ここ5ヶ月間の抵抗線である+1σや保合いレンジ上限を上抜けて上昇中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、上値が重くなると押し目を付けやすい局面です。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、保合いレンジ上限を上抜けて引けており、相場の放れの形となりました。更に一旦は+2σを上抜けたものの、利食い売りなどで押し戻されて引けています。今後、+2σをブレイクするとバンドウォーク型の走る上昇トレンド発生の可能性が高まります。逆に、再び、+1σを割り込むようなら、ボックス相場が継続の形。+2σがブルベアの分岐点です。


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 月足では、上昇する+2σに追随してバンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、保合いからの放れからの上昇が継続し、高安値を切り上げる小陽線で4週続伸となっています。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

 DWM.png

 

 月足ではここ2ヶ月のレンジの高値圏で小動きとなっています。下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、短期巡航上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、ここ2週間のレンジ内で小動きとなり、+1σをわずかながら割り込んでハラミ足の陰線で引けています。5週・10週MAが支持線です。保合いレンジを形成しており、このレンジを抜けた方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを割り込まない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/5/5 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、ここ5ヶ月間の抵抗線である+1σを上抜けて、保合いレンジ上限まで上昇中。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、上値が重くなると押し目を付けやすい局面です。長期的には+1σと+2σの間でで推移している限りは巡航上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、+1σを上抜けて保合いレンジ上限付近と+2σの手前まで上昇して引けています。現時点ではボリンジャーバンドは収縮中。今後、+2σをブレイクすると、保合いからの放れとなり、バンドウォーク型の走る上昇トレンド発生の可能性が高まります。逆に、再び、+1σを割り込むようなら、ボックス相場が継続の形。+2σがブルベアの分岐点です。


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 月足では、上昇する+2σに追随して推移しており、依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、保合いからの放れからの上昇が継続し、高安値を切り上げる小陽線で引けています。中長期的には+1σを下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

 DWM.png

 

 月足ではここ2ヶ月のレンジの高値圏で小動きとなっています。下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、短期巡航上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、先週レンジ内で小動きとなり、ハラミ足の小陽線で引けています。先週上抜けた5週MAが支持線です。9週前に付けた直近高値を上抜けるか先々週に付けた直近安値を下抜けるまでは、高値圏での保合い相場が継続です。中長期的には+1σを割り込まない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/4/28 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、ここ4ヶ月間の抵抗線である+1σの攻防となっています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、-1σを上放れ、21週MAも上抜けてかつての保合いレンジへ再浮上して引けています。-2σまで下落した後反転上昇。その結果、ボリンジャーバンドは急速に収縮に向かっており、ボックス相場の形です


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 月足では、一旦は+2σを割りこんだものの、押し目買いなどで再浮上となり、現時点では+2σを上回って推移しています。依然、バンドウォーク型の”走る”上昇トレンド発生中。中長期的には+1σの上を推移する限り、”巡航”上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高値圏での保合いレンジを上放れて、+2σ手前まで上昇して引けました。これで相場の放れから上昇トレンド再開の形ができました。今後、+1σを再び下回らない限り、巡航上昇トレンド継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、5ヶ月MAがサポートになり、+2σ手前まで再浮上となっています。下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。中長期的には+1σを割り込むまでは、巡航上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、上値抵抗線や5週MAを上放れ、+1σを上抜けて引けました。20週MAとの調整が完了して、反転上昇パターンとなっています。直近高値を上抜けるようなら、上昇が加速しそうな形です。ボリンジャーバンドが拡大するかどうかに注目。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/4/21 [週足]

<日経225先物月足>



NKM.png




 月足では、ここ4ヶ月間の抵抗線である+1σに上値を抑えられて反落中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。

 

<日経225先物週足>


NKW.png




 週足では、-2σを割り込んだ後、押し目買いなどで再浮上して、-1σと-2σの間まで戻して引けています。ボリンジャーバンドは急速に収縮に向かっており、ボックス相場の形です。もし、ボックス相場が継続であれば、ここから反転上昇を描くことになります。そうならずにダウントレンド発生ならば、-2σを下抜けて、ボリンジャーバンドが拡大を始めることになります。ブルベアの分岐点です。


<ナスダック月足>



NQM.png

 

 

 月足では、+2σを割りこんで先月レンジ内で推移しています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、前日割り込んだ+1σや5週・10週MAを回復して、保合いレンジ上限付近で引けています。高値圏でのモアイレンジ形成中で、ボリンジャーバンドも急速に収縮中。今後、保合いレンジを上抜ければ上昇トレンド再開。逆に下抜けると、20週MAに向けて調整局面継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、先月安値を更新した後、5ヶ月MAがサポートになり、同MAと+2σの間で小動きとなっています。下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、短期巡航上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、先週下抜けた5週MAが抵抗線となり、サポートの20週MAとの間で小動きとなり、小陽線で引けました。20週MAとの調整がほぼ完了したので、今後、ここをサポートに陽線が立てば反転上昇パターン。逆に、同MAを下抜けるようなら、調整局面が継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/4/14 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ4ヶ月間の抵抗線である+1σに上値を抑えられて反落中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、中心線の-1σ付近から売られて-2σ付近まで下落して引けています。ボリンジャーバンドは急速に収縮に向かっており、ボックス相場の形です。もし、ボックス相場が継続であれば、ここから反転上昇を描くことになります。そうならずにダウントレンド発生ならば、-2σを下抜けて、ボリンジャーバンドが拡大を始めることになります。ブルベアの分岐点です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、+2σを割りこんで推移しています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σの上を推移する限り、巡航上昇トレンドが継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、サポートの+1σや10週MAを割り込んで引けています。ボリンジャーバンドも急速に収縮に向かっており、巡航上昇トレンドはいったん終了し、20週MAに向けて調整局面に入った形。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、先月レンジ内で、+2σを割り込んで推移しています。下値支持線となっている5ヶ月MAを割り込むまでは、短期巡航上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。中長期的には+1σを割り込むまでは、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、3週間前にした抜けた-1σが抵抗線となり、サポートの10週MAも割り込んで引けました。短期的なサポートを全て割り込んだので、20週MAに向けての調整局面が継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/3/31 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ3ヶ月の抵抗線である+1σ付近での攻防です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、中心線の21週MAを若干ながら割りこんで引けています。依然、高値圏で保合いレンジを形成中ですが、中心線を割り込んだことで、今後戻りを試すと+1σが強力な抵抗線となります。中長期的には調整局面継続の可能性が高くなっています。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、+2σ割れから押し目買いで再浮上して、高値を更新中。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、サポートの+1σや10週MAを一旦下放れて寄り付いたものの、押し目買い優勢でサポートを回復し、保合いレンジ上限付近まで再浮上して引けています。一方で、ボリンジャーバンドが急速に収縮に向かっており、強い上昇トレンドは一旦は終息しそうな形。中長期的には、+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続ですが、一方で、日柄的な節目に到達しており、押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、高値を更新した後、+2σをやや割り込んできています。依然、下値支持線が機能して、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、10日MAを下放れて寄り付き、押し目買いで再浮上して、同MAを回復して引けました。ボリンジャーバンドが収縮を始めており、+1σを回復しない限り、20週MAに向けての調整局面が継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/3/24 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ3ヶ月の抵抗線である+1σ付近での攻防です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、中心線の21週MA割れまで調整した後、押し目買いで再浮上して、長めの下ヒゲの上影陰線で引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを回復できない限り、中心線に向けての調整局面継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、+2σ付近で小動きとなっています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、年初来高値をわずかながら更新した後、利益確定売りなどに押されて、+1σを一旦割り込んでいます。終値ではこれを上回って引けたものの、ボリンジャーバンドが急速に収縮に向かっており、強い上昇トレンドは一旦は終息しそうな形。中長期的には、+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続ですが、一方で、日柄的な節目に到達しており、押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、高値を更新した後、+2σをやや割り込んできています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、20週ぶりに、これまでのサポートの5週MAや+1σで引けています。これでバンドウォークでの強い上昇トレンドはいったん終了。そして、ボリンジャーバンドが急速に収縮に向かい始めています。よって、早急に直近高値を更新しないかぎり、20週MAに向けての調整局面が始まります。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/3/17 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ3ヶ月の抵抗線である+1σ付近での攻防です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、6週前に割り込んだこれまでのサポートの+1σの下で上影陰線で引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを回復できない限り、中心線に向けての調整局面継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、+2σの上で小動きとなっています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、2週間前の年初来高値をわずかながら更新。依然、バンドウォークでの強い上昇トレンド継続です。中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの上で小動きとなっています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、5週MA付近で小動きとなり、先週レンジに孕むコマ足で引けています。サポートの5週MAを割るまでは、バンドウォークでの強い上昇トレンド継続です。中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/3/10 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ3ヶ月の抵抗線である+1σ付近での攻防です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、5週前に割り込んだこれまでのサポートの+1σの下で下影陰線で引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを回復できない限り、中心線に向けての調整局面継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、+2σの上で小動きとなっています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、ここ2週間のレンジに孕む小陽線で引けました。先週までに6週続伸となっていたことで、一旦、利食い売りが優勢になった形。依然、バンドウォークでの強い上昇トレンド継続です。中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの上で小動きとなっています。依然、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、小陰線で小幅反落。先週までに4週続伸となっていたことで、一旦、利食い売りが優勢になった形。依然、バンドウォークでの強い上昇トレンド継続です。中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/3/3 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ3ヶ月の抵抗線である+1σを越えて上昇中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、4週前に割り込んだこれまでのサポートの+1σをいったん上抜けたものの、結局、上抜けできず引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを回復できない限り、中心線に向けての調整局面継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、2月は+2σを上抜けて引けており、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。3月は+2σ付近で推移中です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高安値を切り上げて6週続伸となり、バンドウォークでの走る上昇トレンド継続です。中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、2月は+2σを上抜けて引けており、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生中。3月は+2σの上で推移中です。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、高安値を切り上げる陽線で4週続伸です。保合いからの放れからの上昇が継続中。中長期的には+1σを下回って引けるまでは上昇局面が継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/2/24 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ2ヶ月の抵抗線である+1σまで上昇してテスト中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、割り込んだこれまでのサポートの+1σまで上昇したものの上抜けできず引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを回復できない限り、中心線に向けての調整局面継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、前月高値を更新し、+2σの上を上昇中。ボリンジャーバンドは明確に拡大中で、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生の形ができています。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高安値を切り上げて5週続伸となるものの、売り買い拮抗の同時線で引けています。ボリンジャーバンドは拡大中で、中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、1月高値を更新して、更に+2σもブレイクして上昇中です。ボリンジャーバンドは拡大中で、依然、走る上昇トレンド発生中。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、高安値を切り上げる陽線で3週続伸です。保合いからの放れからの上昇が継続中。中長期的には+1σを下回って引けるまでは上昇局面が継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/2/17 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ2ヶ月の抵抗線である+1σまで上昇してテスト中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、先々週割り込んだこれまでのサポートの+1σを上抜けできず、逆に売られて上影陰線で引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。中長期的には+1σを回復できない限り、中心線に向けての調整局面継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、前月高値を更新し、+2σの上を上昇中。ボリンジャーバンドは明確に拡大中で、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生の形ができています。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高安値を切り上げて+2σもブレイクして引けています。ボリンジャーバンドは拡大中で、中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、1月高値を更新して、更に+2σもブレイクして上昇中です。ボリンジャーバンドは拡大中で、依然、走る上昇トレンド発生中。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、上窓形成から上昇し、高安値を切り上げて引けています。保合いからの放れからの上昇が継続中。中長期的には+1σを下回って引けるまでは上昇局面が継続です。一方で、日柄的な節目に到達しており、一旦押し目を付けやすい局面です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/2/10 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、ここ2日間の抵抗線である+1σまで上昇してテスト中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。また、日柄的には重要な節目に到達して、押し目を付けやすい局面です。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、先週割り込んだこれまでのサポートの+1σをわずかながら上抜けて引けています。高値圏で保合いレンジを形成中。この後、このレンジをブレイクした方へトレンドが発生しやすい形。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、前月高値を更新し、+2σの上を上昇中。ボリンジャーバンドは明確に拡大中で、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生の形ができています。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、5週MAの上で高安値を切り上げて引けています。ボリンジャーバンドは拡大中で、中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、1月高値を更新して、更に+2σもブレイクして上昇中です。ボリンジャーバンドは拡大中で、依然、走る上昇トレンド発生中。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、直近高値をブレイクして、高安値を切り上げて引けています。保合いからの放れとなっています。中長期的には+1σを下回って引けるまでは上昇局面が継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/2/3 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、1月は抵抗線の攻防となり、結局+1σを抜けずに終わっています。2月は1月レンジ中腹で推移しています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、ついにサポートの+1σを割り込んで引けています。これで中心線に向けての調整の下降局面入りとなりそうです。当面の下値のめどは青のサポート帯上限となります。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、1月は+2σをブレイクして引けました。緩やかに拡大してきたボリンジャーバンドは明確に拡大中で、バンドウォーク型の強い上昇トレンド発生の形ができています。一方で、日柄的な節目に到達しており、上値が重くなると押し目を付ける可能性があります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、5週MAまで押し目を付けた後、押し目買いで先週高値付近まで再浮上しています。ボリンジャーバンドは拡大中で、中長期的にも+1σの上で推移する限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、1月は高値を更新したものの、利食い売りと拮抗して同時線で引けています。ボリンジャーバンドは拡大中で、依然、走る上昇トレンド発生中。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+1σを下抜けて10週MA付近まで押し目を付けた後、押し目買いで先週高値圏まで再浮上引けています。中長期的には+1σを下回って引けるまでは上昇局面が継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/1/27 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、12月レンジ内の上髭部分を抵抗線の+1σまで上昇したあと、この指標が攻防のポイントになっています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、先週に続いてサポートの+1σを一旦割り込んだ後、押し目買いで再浮上して、これを回復して引けています。現状、高値圏での保合いレンジ形成中。中長期的には、+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、12月の高値を更新して+2σの上で推移しています。ボリンジャーバンドは拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、ここ2週間のレンジを上抜けて、+2σもブレイクして引けています。ボリンジャーバンドは拡大中で、強い上昇トレンド発生の形です。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの上で前月高値も更新して推移しています。ボリンジャーバンドは拡大を始めており、走る上昇トレンド発生の形。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、ここ6週間の保合いレンジを明確に上抜けて引けています。これで調整局面が終了し、上昇トレンド再開の形となります。中長期的には+1σを下回って引けるまでは上昇局面が継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/1/20 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、12月レンジ内の上髭部分を抵抗線の+1σまで上昇したあと、戻り売りで押し戻されて同時線になっています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、先週からの利食い売り優勢が継続し、サポートの+1σを一旦割り込んだ後、押し目買いで再浮上して、これを回復して引けています。現状、高値圏での保合いレンジ形成中。中長期的には、+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、12月の高値を更新して+2σ付近で推移しています。ボリンジャーバンドは拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、先週レンジ内で小動きとなり、短い同時線で引けています。ボリンジャーバンドは拡大中で、強い上昇トレンド発生の形です。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの上で前月高値圏で推移しています。ボリンジャーバンドは拡大を始めており、走る上昇トレンド発生の形。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、サポートの5週MAを割り込み、一旦は、+1σまで押し目を付けた後、押し目買いで再浮上して、同MA下で引けています。同MAを割り込んだのは10週ぶり。今後、直近高値を明確に上抜けると上昇トレンド再開の形となります。逆に、+1σを下回って引けると調整局面入りの形です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/1/13 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、12月レンジ内の上髭部分を抵抗線の+1σまで上昇してテスト中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、直近高値をわずかに更新した後は利食い売り優勢となり、先週レンジ中腹まで押し戻されて引けています。この結果、高値圏での保合いレンジ形成中。中長期的には、+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、12月の高値を更新して+2σ付近で推移しています。ボリンジャーバンドは拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、高安値を切り上げて+2σ付近で引けています。ボリンジャーバンドは拡大開始となり、走る上昇トレンド発生の形です。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの上で前月高値圏で推移しています。ボリンジャーバンドは拡大を始めており、走る上昇トレンド発生の形。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、サポートの5週MAを挟んで上下して、ここ4週間の保合いレンジ中腹で引けています。この高値を明確に上抜けると上昇トレンド再開の形となります。中長期的には、+1σを下回らない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/1/6 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、12月レンジ内の上髭部分を抵抗線の+1σまで上昇してテスト中です。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、先週の利益確定売りが一巡し、押し目買い優勢となって+2σの下で引けています。先々週の直近高値を上抜ければ、上昇トレンド再開の形が出来上がります。中長期的には、+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、12月の高値をわずかながら行進し、この高値付近で推移しています。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、サポートの+1σ付近から押し目買いで再浮上となり、先週高値を更新して、+2σ付近で引けています。ボリンジャーバンドは収縮から拡大の兆しが出ており、+2σを明確に上抜ければ、バンドウォークの走る上昇トレンドが始まります。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの上で前月高値圏で推移しています。ボリンジャーバンドは拡大を始めており、走る上昇トレンド発生の形。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、サポートの5週MAを若干割ったところから押し目買いで再浮上して、ここ3週間の高値付近で引けています。この高値を明確に上抜けると上昇トレンド再開の形となります。中長期的には、+1σを下回らない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/12/30 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、11月高値を上抜けて+1σまで上昇した後、戻り売りに押し戻されて長めの上髭を付けて引けています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、日柄的な重要な節目に到達したことで利益確定売りが優勢となり、+2σの下で高安値を切り下げる陰線で引けています。これで、バンドウォークでの走る上昇トレンドはいったん終了です。+1σ付近までの調整があり得る局面です。中長期的には、+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、11月月高値を更新したものの、+2σから上では利食い売りなどが優勢となり、前月レンジ内まで押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、先週高値や+2σをいったん上抜けた後、利食い売りなどで+1σまで押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドは収縮から拡大の兆しが出ており、+2σを明確に上抜ければ、バンドウォークの走る上昇トレンドが始まります。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σを上抜けて引けました。ボリンジャーバンドは拡大を始めており、走る上昇トレンド発生の形。今後、+2σを下抜けて引けるまではこの局面が継続。中長期的には+1σを下抜けない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、日柄的な重要な節目迎えたことで利食い売りなどで押し戻されて、高安値を切り下げる陰線で引けています。+2σを下回って引けており、走る上昇トレンドはいったん終了です。中長期的には、+1σを下回らない限り、強い上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/12/23 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、11月高値を上抜けて+1σ手前まで上昇しています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、6週連続で+2σの上で上昇し、高安値を切り上げる小陽線で引けています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大し、バンドウォークが発生中です。+2σを終値で下抜けるまでは、この走る上昇トレンドが継続です。一方、日柄的には、来週が重要な節目となり、当面のピークを付ける可能性が高い局面です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、11月終値付近から5ヶ月MA付近まで押し目を付けた後、押し目買いで11月高値を更新中です。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、先週高値や+2σをいったん上抜けた後、利食い売りなどで+2σの内側まで押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドは収縮から拡大の兆しが出ており、+2σを明確に上抜ければ、バンドウォークの走る上昇トレンドが始まります。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。一方、日柄的には重要な節目迎えており、当面のピークを付けるか既に付けた可能性が高い局面です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σを上抜けて推移しており、ボリンジャーバンドは拡大を始めています。今後、+2σを上抜けて引けるようなら、強い上昇トレンド発生の形。逆に、+1σを下抜けるようならボックス相場継続の形です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+2σの上で上昇した後、利食い売りなどで押し戻されて、短い上映陽線で引けています。ボリンジャーバンドは拡大中のバンドウォークとなっています。今後、+2σを下回るまでは走る上昇トレンドが継続です。一方、日柄的には重要な節目迎えており、当面のピークを付けるか既に付けた可能性が高い局面です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/12/16 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、11月高値を上抜けて+1σ手前まで上昇しています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、+2σの上で上昇し、高安値を切り上げる小陽線で引けています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大し、バンドウォークが発生中です。+2σを終値で下抜けるまでは、この走る上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、11月終値付近から5ヶ月MA付近まで押し目を付けた後、押し目買いで11月高値を更新中です。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、先週高値や+2σをいったん上抜けた後、利食い売りなどで+2σの内側まで押し戻されて引けています。ボリンジャーバンドは収縮から拡大の兆しが出ており、+2σを明確に上抜ければ、バンドウォークの走る上昇トレンドが始まります。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σを上抜けて推移しており、ボリンジャーバンドは拡大を始めています。今後、+2σを上抜けて引けるようなら、強い上昇トレンド発生の形。逆に、+1σを下抜けるようならボックス相場継続の形です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+2σの上で上昇した後、利食い売りなどで押し戻されて、短い上映陽線で引けています。ボリンジャーバンドは拡大中のバンドウォークとなっています。今後、+2σを下回るまでは走る上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/12/2 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、11月高値をわずかに更新した後、中止線の21か月MAを挟んで上下して、今のところ同時線となっています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と-1σの間でで推移している限りは緩やかな下降トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、+2σの上で上昇し、ハラミ足の陽線で引けています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大し、バンドウォークが発生中です。+2σを終値で下抜けるまでは、この走る上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、11月終値付近から5ヶ月MA付近まで押し目を付けた後、押し目買いで11月高値を更新中です。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、20週MA付近から反発し、先週高値や+2σをブレイクして引けています。ボリンジャーバンドは収縮から拡大の兆しが出ており、+2σを明確に上抜ければ、バンドウォークの走る上昇トレンドが始まります。中長期的には+1σの上で推移する限り、上昇トレンドが継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σを上抜けて推移しており、ボリンジャーバンドは拡大の兆しがあります。今後、+2σを上抜けて引けるようなら、強い上昇トレンド発生の形。逆に、+1σを下抜けるようならボックス相場継続の形です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+2σを明確に上抜けて引けています。ボリンジャーバンドは拡大開始で保合いからの放れとなっています。今後、+2σを下回るまでは走る上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/12/2 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、11月高値をわずかに更新した後、戻り売りなどで押し戻されています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、+2σ付近まで常用したことで、利食い売りなどで押し戻されて長い上髭を残して引けています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大し、バンドウォークが発生中です。+1σを終値で下抜けるまでは、この上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、11月終値付近から売られて5ヶ月MA付近まで押し戻されています。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。長期的には+1σの上を推移する限り、上昇トレンド継続です。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、こ+2σ付近から売られて+1σをした抜けて、20週MA付近まで反落して引けています。ボリンジャーバンドは急速に収縮しており、ボックス相場の形。少なくとも±2σのいずれかを終値でブレイクするまでは、このボックス相場が継続です。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、+2σの下、11月終値付近で小動きとなっています。ボリンジャーバンドは拡大の兆しがあります。今後、+2σを上抜けて引けるようなら、強い上昇トレンド発生の形。逆に、+1σを下抜けるようならボックス相場継続の形です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+2σを挟んで小動きとなったものの、これを上回って引けています。ボリンジャーバンドが拡大開始で保合いからの放れとなっています。今後、+2σを下回るまでは走る上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

週足・月足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2016/11/25 [週足]

<日経225先物月足>


NKM.png


 月足では、前月安値や-1σを割り込んだ後、押し目買いなどでボリンジャーバンド中心線を上抜けています。ボリンジャーバンドは収縮横ばいのボックス相場が継続中。今後、-2σを割り込んで引けると、相場の放れから大きく下落する可能性が大です。逆に、中心線を上抜けるとボックス相場継続です。また、長期的には中心線と+1σの間でで推移している限りは緩やかな上昇トレンドが継続です。
 
<日経225先物週足>

NKW.png


 週足では、高安値を切り上げて3週続伸。ボリンジャーバンドは収縮横ばいから拡大し、バンドウォークが発生中です。+1σを終値でした抜けるまでは、この上昇トレンドが継続です。

<ナスダック月足>


NQM.png
 
 
 月足では、+1σや5か月MAを一旦下抜けた後、押し目買いで再浮上して、ここ2か月間の高値を更新しています。ボリンジャーバンドは、やや拡大の兆候を示しており、+2σを上抜けて引けると、ボックス相場から上昇トレンドへ転換する可能性が高まります。
 
<ナスダック週足>

NQW.png
 
 週足では、ここ9週間の保合いレンジを明確に上抜けて、+2σ付近まで上昇して引けました。今後、+2σを終値でブレイクできると相場の放れとなり、強い上昇トレンドが発生しそうです。

 

<ダウ月足>

 

DWM.png

 

 月足では、年初来高値を更新して+2σ付近で推移しています。ボリンジャーバンドが拡大を始めています。今後、+2σを上抜けて引けるようなら、強い上昇トレンド発生の形。逆に、中心線を下抜けるようなら、ボックス相場継続の形です。

 

<ダウ週足>
 
DWW.png
 
 週足では、+2σを明確にブレイクして引けています。この結果、ボリンジャーバンドは収縮から拡大に転換して、保合いからの放れとなっています。今後、+2σを下回るまでは走る上昇トレンドが継続です。

 

ブログ・ランキング参加中

応援クリックよろしくおねがいします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 人気ブログランキングへ

XPS 13_468x60